スクワットで腹筋を鍛えられるって本当?

最近は、シックスパックと言われる割れたきれいな腹筋を目指す方が多いようです。
男女問わず、腹筋が鍛えられていると、体がより引き締まってみえますし、体のラインもより美しく見えますよね。
とは言え、腹筋トレーニングを行ってお腹の筋肉を鍛えるとなると、時間もかかりますし、何度も行わなければならず大変です…。

しかし、このところ、「スクワットでお腹の筋肉が鍛えられる」という話が注目を集めています。しかも、スクワットなら少ない回数できっちり鍛えられるというのです。
それは本当なのでしょうか? 調べましたのでご覧ください。

-スクワットで腹筋を鍛えられるのか
答えは「YES」です。鍛えられます。
しかも、スクワット15回と同じ筋肉量を増やすために腹筋をするなら500回もしなければなりません。
下半身を鍛えるはずのスクワットの方が効率よく鍛えられるのです。

-なぜお腹の筋肉も鍛えることができるのか
足や太ももの筋肉を鍛えるためのトレーニングなのでは? と思ってしまいますが、実は、ちょっとした工夫をするだけで、お腹の筋肉も効果的に鍛えることができるのです。
鍛え方については後ほどご紹介しますが、なぜ、鍛えることができるのかと言うと、その秘密はお腹の筋肉とスクワットの関係にありました。
正しい姿勢でトレーニングを行った場合、下半身や背中の筋肉に影響します。
しかし、その正しい姿勢を維持するには、お腹の筋肉も必要なのです。
つまり、正しい姿勢で下半身を鍛えるトレーニングを行うと、お腹の筋肉も使われるので、同時に鍛えることができると言うわけなのです。

ちなみに、腹直筋や腹斜筋などお腹周りの筋肉のみならず、お尻や骨盤付近の筋肉にも影響します。
正しく行えば、ヒップアップなどの効果にも期待ができるのですね。

-効果的な鍛え方
では、効果的な腹筋トレーニング方法をみていきましょう。
①両足を肩幅に広げて真っ直ぐ立ちます。この時、つま先が真っ直ぐ正面を向くようにしましょう。
②両腕を前に伸ばして方の高さまで上げ、その位置でキープします。
③背筋を伸ばして、胸を張り、姿勢を整えます。
④お腹の筋肉に力を入れて、腰を下ろします。お尻を後方へ突き出すようにしてゆっくり下しましょう。
⑤少しずつ下して、太ももと床が平行になったらその姿勢のままキープします。この時、曲げた膝がつま先よりも前に出てしまわないようにしましょう。
⑥3秒~5秒キープしたら、ゆっくりと元の体制へと戻します。
ここまでの①~⑥を15回程度繰り返しましょう。

以上が効果的なトレーニングです。
ポイントとしては、
・背を丸めてしまうなどして姿勢を崩さないこと
・お腹の筋肉を意識しながら、しっかり力を入れること
です。

ただし、無理のない範囲で行ってくださいね。初めて行う方は、少ない回数から始められるといいでしょう。

さらに効果的にするための方法として、バーベルを担ぐ方法もあります。
この場合、かなり筋肉へ負担がかかりますので、最初はトレーナーのもとで教わりながら行うほうが安全です。

SNSでもご購読できます。