ゴリマッチョのNG&似合うファッション

同じ人物でも、体型によって似合う服装や髪形が変わってくるものです。
では、ゴリマッチョの方は、どのようなファッションがいいのでしょうか?
ゴリマッチョにNGなファッション、似合うファッションなどまとめました。

-ゴリマッチョにNG/似合うファッション
早速、みていきましょう。
▼NGファッション
ダボダボしたような大きめの服は避けたほうが無難です。
特に、トップスが大きめだと、筋肉が隠れてしまいます。
そして、筋肉によって体が大きいのではなく、小太り、あるいは太っていて大きい、といった印象を与えてしまいます。

また、色選びにも気を使いましょう。
こちらは、NG、似合う、というよりは、好みによって異なります。
白などの膨張色を選ぶと体が大きいことを強調できます。
反対に黒などの見た目の引き締め効果が出る色を選ぶと、全体的に引き締まった印象を与えることができます。

▼似合うファッション
せっかくの筋肉を強調したほうがボディライン全体が美しく見えますので、少し小さめでタイトな服を選びましょう。
あまりにもタイトなものではなく、体に軽くくっつくくらいのサイズがベストです。

また、ワイルドな雰囲気かつシンプルな服装にするほうが似合います。
シンプルの定義が難しいところですが、柄がたくさん入ったものではなく、無地のものを選ぶ方がいいでしょう。
あまりにワイルドな雰囲気を出してしまうと、威圧的となってしまい、警戒される恐れもあるかもしれません。
さじ加減が難しいですが、シンプルを心がけると探しやすいかと思います。

ちなみに、タンクトップ×ハーフパンツなどは見方によってはワイルドではありますが、あまり女性ウケがよくないようです。

-ゴリマッチョにNG/似合う髪型
▼NGな髪型
・長髪
→顔立ち的に似合う似合わないは別として、暑苦しく感じてしまう方が多いようです。
もし、どうしても長髪にしておきたい、という方は、シーンによっては縛ってオールバックにするなどしたほうがいいかもしれません。

・色を変えすぎる
→過度な金髪やビビットな色は「似合わない」「筋肉がたくさんあるため、アニメのキャラクターように見えてしまう」と感じる方もおられるようです。
色を入れたい場合は、軽くさりげない程度に入れるようにするといいかと思います。

▼似合う髪型
・短髪
→ソフトモヒカン、ツーブロックなど短い髪が似合うと感じる方が多いようです。
短髪ヘアーは涼しげな印象で、清潔感も出しやすいのでおすすめです。

・オールバック
→長髪にならない程度でのオールバックがベストです。

・坊主ヘアー
→職業によっては難しい場合もありますが、カミソリなどで剃ってしまう方もおられるようです。
ゴリマッチョでの坊主ヘアーはワイルドになりがちな髪型です。あまりにもワイルドにならない程度におさえるのがポイントです。
そのためには、服を少し控えめにするなど工夫するのも手です。

いかがでしたでしょうか? 服装、髪型ともに色々とありましたね。
最も大切なのは、「本人に似合っているかどうか」なので、まずは、色々と試してみて、ぴったりのスタイルを見つけましょう。

SNSでもご購読できます。